気高き妖狐は悦獄に堕つ

BJ043186_img_main
BJ043186_img_smp1
平安の都の人々から、最強の妖魔として恐れられている九尾の妖狐・藤香。
その並外れた妖力は同族からも畏怖され、巨大な妖魔でさえ彼女にはひれ伏す。
だがある日、人と妖魔の魂から作り出された莫大な妖気の塊
──殺生石の力を使う邪悪な陰陽師・法限を相手に、藤香は思わぬ劣勢を強いられる。

法限の放った邪気の刃が目前に迫り、藤香が死を覚悟したそのとき、
身を挺して彼女を救ったのは、幾度となく刃を交えた若き退魔師・章伯であった。
突然の乱入に驚いた一瞬の隙を突いて殺生石を奪い、法限を討ち破った藤香は、
命を賭して自分を助けてくれた章伯に、生まれて初めての情愛を抱く。
そして、消えゆく章伯の命を守るため、二人が結ばるために殺生石の力を使う。

時は流れて現代。そこには、妖狐のころの力や記憶を宿したまま人へ転生した藤香と、
同じくかつての記憶をもっている章伯の姿があった。最強の女退魔師とその御側付
という少々複雑な関係ではあるものの、千年の時を超えて二人は結ばれたのである。

が、しかし。突如、何者かによって章伯が攫われてしまう。誘拐犯の誘いに応じ、
藤香が駆けつけた洞窟で、待ち構えていたのは、かつて葬ったはずの法限だった。

獣耳と九つの尾を逆立てた怒れる最強退魔師は、恋人を救うべく攻撃を
仕掛けるが、章伯を餌にした卑劣な罠に嵌まり、陰陽師の操る触手妖魔に捕われてしまう。
純粋な妖力は低いものの、女を犯すことだけに特化した妖魔は、粘液の
滴る触手で胸や秘裂、口内を激しく責め立てるため、藤香であっても容易に脱出できない。

さらに、法限によって濃縮媚薬を陰核へ射たれると、これまで味わったことのない、
快楽が藤香を襲う。常人ならばすぐに発狂してしまうほどの性悦に耐えていた藤香が、
限界を迎え沈みそうになったとき、その窮地を救ったのは、またしても章伯であった。

持てる力を振り絞った章伯の法術により、藤香は一人洞窟から離れた山中へ飛ばされた。
しかし、人へ転生し、章伯への想いを深めた彼女には、このまま逃げることなどできない。
媚薬で昂る身体のまま、法限に立ち向かうことを決心した藤香。だが、その愛情は、
終わりの見えない肉悦地獄により、徐々に淫らな欲望へと変容を遂げてゆく……。


小説