Muddled World Orchestra FragmentII「牙持つ賢者と家出王女」

RJ142767_img_main
RJ142767_img_smp2
RJ142767_img_smp3
◆ストーリー
ある日、性悪なチビ魔術師にとばっちりで呪いをかけられた第三王女クラリネッタ。
実はひとりで外に出たくて仕方のなかったこの王女さま。
早速お城を抜けだして、呪いを解く手段を探しに奔走します。
 
……その旅のさなか、とある村に住む腕の良い錬金術士の噂を耳にした王女さま。
ものは試し、それに錬金術士ってなんだか面白そう。
そう思った王女さまは、その錬金術士に解呪の方法を尋ねることにします。

──ついに奏でられ始めた物語の五線譜。そのうちの二本の線が、ここで絡み合います。

※本作品は公開中の第一章「オカリナ・オデッサと呪いの魔術」の続編となります。
※前作をプレイしていなくても、問題ないストーリー展開にはなっています。 
 
◆システム
主人公の錬金術士を操作し、実験の素材を集めヒロインの呪いを解くことが目的です。
実験の結果、主人公やヒロインが興奮させられてしまい、Hイベントが発生することもあります。
主人公の振る舞い次第で、ヒロインの好感度や淫乱度が変化していきます。
紳士的に接して好感度を上げるのも、ひたすらに陵辱するのも全てプレイヤーであるあなた次第です。

◆マルチエンディング
解呪成功時のヒロインの状態などにより、エンディングが7つに分岐します。
全ての結末を是非その目でご覧になって下さい。
なお、TRUE ENDが次の章に続くエンディングになります。

◆戦闘カットイン
敵キャラが「スカートめくり」「顔射」「ペロペロ攻撃」「電気あんま」など
いくつかのセクハラ攻撃を仕掛けてきます。
セクハラ攻撃を受けすぎると「絶頂ゲージ」が溜まっていき、全開になると
イかされてしまいます……。
また、「脱衣攻撃」を受けると服装が「下着」→「裸」と変化します。
(服装ダメージはHPと連動していません。)
戦いに敗れて犯された後は精液で汚されたまま徘徊せざるを得なくなります。
早めに特定の場所に戻り、体を清めてあげましょう。

◆イベント
実験関連:11シーン
敗北イベント:5シーン
敗北以外の陵辱:3シーン
その他のヒロインのイベント:7シーン
それぞれに淫乱度差分、衣装差分、白濁ぶっかけ差分などが含まれます。
イベント中に「描き文字/吹き出し」の表示、SEの演奏あり。
○男性主人公のRPGですが、NTR要素は一部エンディングを除いてほぼありません。
(陵辱されて感じてしまう程度のものはあり)
イラスト枚数は差分なし、立ち絵含まずで27枚(セクハラカットインは含む)です。

◆回想ギャラリー
クリア後に移動することができます。
回想ギャラリーでは「CG閲覧」「イベント回想」
「描き文字モード」「エンディング」の閲覧ができます。
イベントをゲーム中で回収しなくても、
エンディングを含めて全て開放することが可能になっております。
開放にはクリア後にもらえるキーアイテムが必要になります。
主人公のレベル、どのエンディングを見たか、集めた武器防具などによりもらえる個数が変わります。
※キーアイテムは回想ギャラリーマップ内でも入手可能です。

◆注意
RPGツクールVXのRTPが必要です。
必ず体験版で動作確認をお願いします。
体験版では、オープニングイベントと発情モンスター1種類との戦闘シーンが体験できます。