星騎士少女キラジェム・ナイツ 悪夢の十三日姦

BJ042332_img_main
BJ042332_img_smp1
宇宙の支配を企む黒星魔王ダークホールの復活を阻止するため、
「星騎士少女キラジェム・ナイツ」に変身して戦う北星七斗と南十文華。
2人の活躍により、残る敵は女幹部ブラックダイアのみ
だったのだが、彼女の企みにより、ダークホールの復活を許してしまう。

復活したダークホールは、「キラジェム・ナイツ」を
排除しようと、彼女たちの力の源である女王エスメラルダを襲撃する。
その豊満な乳房と熟した肢体を好き放題に嬲られた
エスメラルダは、ついには純潔を奪われて邪悪な力に染められてしまう。

エスメラルダを堕としたダークホールとブラックダイアは、
「キラジェム・ナイツ」を堕とすため、2人の通う学校へと現れる。
変身してブラックダイアと戦う2人だったが、
エスメラルダが堕ちて力が奪われた状態では、あえなく敗北してしまう。
敗北した2人を待っていたのは、クラスメイトとの強制エッチだった!
全校生徒の衆人環視の中で好きでもない相手に処女を捧げた2人は、
さらにはその正体までもをバラされてしまう。
そんな彼女たちに、ブラックダイアは「最悪の十三日間」の始まりを告げる!

魔王の因子を持つ男子生徒6人を、おっぱいを揉ませて発見させたり、
その6人の男子生徒の精液を子宮内に受けたり、
売春や授業中での教室でのエッチなど、
学校内で陵辱が続き、次第に北斗と十文華の精神は疲弊していく……。

陵辱調教が始まってから13日が経った時、
果たして北斗と十文華は牝奴隷に堕ちてしまうのか!?
それとも逆転することはできるのか!?