ヒメノシメイ

RJ140472_img_main
RJ140472_img_smp1
RJ140472_img_smp3
魔族に服従した小国の姫の使命
それは魔族に身を捧げること、すなわち魔物の苗床となることを意味した

城の地下の肉壁に取り込まれた姫
触手の精液を飲む度に身体が熱くなる…
初めての性行為…そして出産
嫌悪感と大きすぎる快楽が姫を襲う

口では行為を拒否する言葉を並べるも
その言葉とは裏腹に、姫の身体は次第に快楽に溺れていった…

『祖国の為』
姫が身を捧げ、苗床として魔物を生み続ける理由であった
決して自身の心が快楽を求めているからではないと
自分に言い聞かせる姫
人としての理性と肉体を、心を侵す快楽が姫を壊していく…

そんな姫にある日、告げられた事実
『姫の国が滅んだ』
国のため、自身の使命…と必死で耐えてきた姫
快楽に侵された身体 壊れていった心
使命から開放された姫が選んだ未来は…